Ⅱ.ヨウ素価測定【1】

ヨウ素価の測定法になります。

◎注意事項
※「量り」は0.000gの下3桁まで計測できる物を使用すること

※滴定時のビュレットの目盛りは0.00mlの下2桁まで計測すること
ビュレットの目盛りは0.0ml(下1桁)までしか書いて無いので下2桁目は目分量で確認すること

※油サンプルの採取量は予測されるヨウ素価の範囲により下記表より決定する

※計量時は微妙なため、ひとしずく(1滴)が0.03mlを目分量に慎重に

◎空試験を実施しておき、自社の環境での空試験数値を算出しておく
※算出式で計算する際に必要な数値
※方法は油サンプル無しで下記手順にてチオ硫酸ナトリウム滴定量を0.00mlで計測する
※最初は3回程度実施しできるだけ正確な数値を出す
※算出した数値は今後も継続して使用できる
(試薬が変わったりしたら念のため再確認する)

特に空試験の数値が最終的なヨウ素価算出式の基準となりますので、
可能な限り誤差の無いように複数回(2回以上)検査して確定させる。
この数値により、最終的な数値が大きく変わる重要な数値である。

次に準備物等の説明になります

コメントを残す